分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ

賃貸に入居して、シックハウス症候群になった原因が入居の場合、いろいろな請求を行うことが可能です。

賃貸マンションに入居したら、シックハウス症候群になった時

賃貸マンションの場合、新しい入居者が入ってくる前に大家さんとしては、その部屋を綺麗にすることで、入居者をすぐに入居させたいために行うことなのです。それに伴って、壁紙を交換したりして、新築同様のような状態にし見た目を綺麗にすることで、入居率を上げたりしているのです。でもこれが原因で、後で入居した人が、「シックハウス症候群」と診断された場合、その部屋との因果関係が認められた場合において、大家さんに課せられている義務で、入居者の通常生活を行うのに安全な部屋を提供する義務に、反していることになるのです。

そうなると、その部屋からすぐには入居者としては、出ていきたくない場合において、治療費などの慰謝料を請求できたり、その原因を除去するように指示することもできたりするのです。また、どうしても、その原因を取り除くことができない場合において、入居者は引越し費用の請求をすることもできるのです。このように、現在、「シックハウス症候群」というのは、常識的に存在していると認められているので、すぐにでも対処が可能なこともあって、そのままにせずに、その原因がどこになるのかを突き止めることで、大家さんに請求することが可能になったりするのです。

Copyright (C)2017分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ.All rights reserved.