分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ

賃貸契約において、借主が破産してしまった場合、貸主は契約解除を昔はできていましたが、今はできません。

賃貸契約の解除について

賃貸契約における、借主が破産してしまった場合、貸主は借主から賃料を確保することが難しくなってしまいます。そのため、貸主としては、契約を解除し、新たな借主を探したほうが安心できます。実際、借主が破産した場合、賃料を払えなくなる可能性が高まります。

そのようなこともあり、従来は、貸主が破産した場合には法律上貸主は借主に対して解約の申し入れをすることが認められていました。つまり、破産を賃貸借契約の終了原因として解約ができたのです。しかし、破産した借主の今後の生活や更生のことを考えてあげれば、契約解除は酷と考えられます。

そのため、破産者に復活の機械を与えるといった理由もあり、破産法や民法などが最近になって改正されました。その結果、借り主が破産したことだけをもって、貸主は契約を解除することができなくなりました。ただ、借主が賃料の支払いを怠った場合には、原則どおり、契約を解除することができます。当然このような場合でも一回二回の滞納では解除できず、貸主さんとの信頼関係を破壊するような程度の回数分滞納して初めて契約解除を申し入れることができるのです。賃貸業は立派なビジネスでもありますが、人々の生活を担っている部分も法律的に考慮される場合があるのですね。

RECOMMEND

Copyright (C)2017分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ.All rights reserved.