分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ

賃貸物件にはアパート、マンション、一戸建て物件があります。それぞれの特徴とメリットについて確認しましょう。

賃貸物件には、さまざまなタイプがある?

賃貸物件には、アパートやマンション、一戸建てといった種類があります。この違いについてチェックしてみましょう。アパートとマンションは、同じように集合住宅となります。この二つの違いは、建物の構造にあります。木造や軽量鉄骨造の建物はアパートとなり、鉄筋コンクリート造はマンションになります。鉄筋コンクリート造ですから、建物の階数も高くなります。最近は超高層マンションも増えていますが、このタイプは鉄骨鉄筋コンクリート造の物件もあります。つまり、アパートの場合は2階建が限度となるでしょう。

壁の作りもマンションよりはアパートの方が薄くなります。そのため、隣室から物音が漏れてくるといった話はよく聞きますね。物音に敏感な方は、アパートではなくマンションタイプを選ぶことをおすすめします。一戸建て住宅の賃貸物件というのは、初めから賃貸物件として建築された建物と、元々一戸建て住宅として建築された物件があります。一戸建て賃貸物件は、月々の家賃は高くなりますが敷地が広く2階部分まであるのがメリットになります。一戸建て住宅の所有者が賃貸として貸している物件もあります。この場合は、面積や築年数などによって月々の家賃が設定されます。

RECOMMEND

Copyright (C)2017分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ.All rights reserved.