分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ

賃貸物件は全てを充実させてしまうと予算オーバーしてしまうので、主に立地条件を妥協して決める事が大切です。

賃貸物件の立地条件に騙されないように

賃貸物件を探す時に事前に決めておく事は家賃や間取りや立地条件です。どれも拘ってしまうと予算オーバーになってしまうので、どれかは必ず妥協する必要が出てきます。予算に余裕があるのであれば、全てに拘る事も可能ですが、その際にも家賃に見合った物件なのかをよく見定める事が大切です。

妥協する場合においては立地条件が妥協される事が多いです。一人暮らしの場合は間取りの妥協は対して家賃を下げる事にはなりません。一人暮らしであれば1Kか1LDKを選ぶ事になるので、部屋数を減らして予算に収めるという事が難しくなります。部屋の広さに関してはそれほど家賃に大きな影響は及ぼしません。立地条件であれば条件次第で家賃が大きく変動します。まず、駅から徒歩10分以内の距離にあるかどうかで大きく変わってきます。徒歩10分以内はいわゆる駅チカと呼ばれる物件です。この10分とは駅までの最短距離を歩いて、信号が常に青で渡れる状態である場合の話です。つまり実際には10分以上かかります。こんな事であれば、15分以上かかる安い物件に住んで自転車で駅まで行く方が経済的です。そして周囲に大型商業施設があるかどうかも関係するので、そういった土地は避ける方が無難です。

Copyright (C)2017分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ.All rights reserved.