分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ

あえて言えば子供の頃に両親と共に住んでいたアパートが賃貸でした。そこで家族4人で暮らしていました。

これまで賃貸に住んだことはありません。

おそらく賃貸に住む人は殆どが新婚サンだと思うのです。我が家の場合もそのアパートには新婚として両親が暮らした宝です。そこに僕と妹が生まれました。小学校の2年生までそのアパートでくらしていました。このように子供が生まれるまで新婚サンはアパート暮らしというのが殆どではないでしょうか。後はひとり暮らしです。賃貸に住むのは最初の費用が遙かに安いからです。購入すれば何千万と掛かりますが、借りるなら何百万で借りることが可能です。

そのためオフィスなども殆どが賃貸だと言えるんでしょう。店舗などが大きくなっても、借り換えれば済むのですから。購入すればそれほど簡単に移動することも難しくなります。新たに何億もの資金が必要となるからです。一生家を購入せずに借家ばかりで生活する日値も多いです。我が家は最終的に21歳の時に新居を親父が買いました。それまでは会社の寮で暮らしていたのです。そこは小さいながらも一軒家でした。12年ほどそこで暮らしていたと言えます。出も最も思い出に残っているのは子供の頃に暮らしていたアパートの記憶です。そのアパートは今でも建て替えることなく昔の場所に立っているのです。玉に近くに行くとそれを見て感激するほどです。とても嫌いに外観は塗り直されていますが、中は昔のままです。

Copyright (C)2017分譲賃貸を探してハイグレードな住まいを楽しむ.All rights reserved.